スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旦那との出会い10

自分が付き合っている人のご両親に会うとかって緊張するものだとは思うけど
私は、彼のその「お母様」やら「お父様」やらに会う事って言うのは緊張するとか何だとか…そういう部類のモノじゃなかった。

だって


私は彼の子供を妊娠していたし

彼のウチは途方も無い資産家で

私のウチは実際、億に手が届く位の借金を背負ってたし

会うって事自体、全然対等な立場で居られる訳なかった。


検査されるだとか、査定されるって言葉が一番近かったんだろうな。


で…その彼の両親に会いに行く日取りを決められてから初めて私は自分の両親に
、全部話をする事にした。

そもそも私の悲劇の初まりは私の両親が事業に失敗して莫大な借金を背負ったって所から始まったものだから。その悲劇が終わりを迎えるのか、はたまた形を変えて私に降り注ぐものになるのか…。
いずれにしてもそれはやっぱり話さないと始まらないって思った。


「あのね、話があるんだ」


両親に切り出すのは…何って言うかすごくきつかったな。。

その頃にはお父さんは殆ど体を壊しちゃっていたし、お母さんも元々体が弱いの
に無理してパートとかで働いてくれてた。
事業に失敗してから、二人は凄く凄く老けてしまって…。
…その晩「そう言えば二人の笑顔を最後に見たのはいつだったかな…」
って思ったのを覚えてる。面と向かって3人で話するなんて事本当に久しぶりだったし。


「もしも私が…結婚とかするとしたら、お父さん、お母さん、嬉しい…?」


色々考えて、そう切り出したの。
スポンサーサイト

テーマ:結婚式までの道のり - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2005/11/24(木) 01:47:49|
  2. 決意
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<旦那との出会い11 | ホーム | 旦那との出会い9>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2005/11/24(木) 10:07:43 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2005/11/25(金) 14:25:43 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kiyokutadasikuutukus.blog33.fc2.com/tb.php/15-469a7e23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。