スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旦那との出会い2

前回の続き・・・

ある日、私をずっと可愛がってくれていた(某電気会社の会長さま)おじいさまが、旦那(になる前の彼ねこの時点では)と一緒にその銀座のお店に入ってきたの。

そのおじいさまは、私の親の借金の事も知っていてくれていたし、かといって私をお金で何とかしようなんてする人でもなかったし、ただ頻繁にきてくれては私を指名してくれて

「疲れただろう、ワシが指名している間は寝てていいぞ」

なんて事を言いながら、私の事をつかず離れず、見守ってくれてた。だから私はそのおじいさまの事をすごく尊敬してたんだ。

だからそのおじいさまがその男と一緒に店に入ってきて私を指名した時には、私は何っていうのかな・・・重力がおかしくなっちゃったような変な違和感っていうか、抗い難い空気を感じたのを覚えてる。


それでまあ普通に接客してたんだけど


その帰り際にね、おじいさまが

「どうだ、彼が君に興味があるらしいぞ。デートでもしてみたら」

って私に囁いたときには一瞬何が何だかわからなかった。



でね



おじいさまと彼が色々共謀したのかは定かではないけれど・・・結局私は、その彼と二人っきりで会う事になります。

それは、降りしきる雨がとてもうるさかった4年前の今頃のある日のお話。


続きはまた明日。


小説めいてきちゃったな何かw
でも今の私を見つめ直すには、彼との出会いの頃の事もキチンと書き留めておきたいから。
少しづつ読んでくれる人も・・・増えてきたのかな?
コメントとかは貰えるんだけど、返信っていうかそれに対してのレスもどう書いたらいいのかとかよく分かっていなくて(文じゃなくてシステム的に)実はブログのシステム自体もあまりまだキチンと把握できていないもので(涙)

だから

もしも読んでくれている人がいるなら・・何かコメントとか残してくれたり、トラックバックとかしてくれると、調子に乗って、ドンドン執筆は進みますww

今後の私のこの連載を乞うご期待w
スポンサーサイト

テーマ:結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2005/11/04(金) 02:28:49|
  2. 運命
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

旦那との出会い

 当時私は夜は銀座、昼はとあるデパートの美容部員としてのハ
ードな毎日を送っていました。

 そんな私の収入の殆どは親の借金の返済にあてられて、実際の私の
私生活は、惨めなものでした。

 家に帰っても寝るだけ。
一ヶ月に一度あるかないかの何もない日は、生気のない
親を励ますように明るく元気な自分を演じる日(「うっそ、今日スーパー安売りじゃん!これで2日分は食料ストックできるよ!借金生活も楽しいじゃん☆」)。
へとへとだったなw

 そんな時妙な人に出会ったの。色んな欲望とか、見栄とか、今日は決めるだとか
お金沢山使わせちゃお、だとか・・・ありとあらゆる色んな人間のストレートな感情が渦巻く銀座の一流と呼ばれるお店で

 その人の周りには、何の感情も嗅ぎ取れなかった

その人は
大体年配のいかにもお金持ってまっせ~ってかんじの
取引先とかそんな人種たちをとっかえひっかえしながら、結構頻繁にその一流と呼ばれるお店を訪れてくれてた

 その何の感情もないその人の空気が私には物珍しくて、何気なく観察するように
なってしまった。けどよく注意していてると、その感情の中に時折―

 蔑みや、投げやりな感情がたまに読み取れた

私も借金返済の為のそんな果てしない労働の毎日で、少し感覚がおかしくなっていたのかな
その人の事を好き、とかじゃないんだけど興味を持つようになってしまった。


まあ


その人が今の旦那。


私の宿敵


打倒、そいつ


まだまだ話は続きますw


でも今日はここまで。昔の事を思い出しながら書くのは結構、精神的にハードだな・・
明日はこの続き。

でね

タイトルの「浮気」って奴は・・・今私が一番考えてるトコロ。

浮気したら今の気持ちとかって晴れるのかな。
自分で自分が分かりません。誰かおしえて下さいな。

テーマ:記念日 - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2005/11/03(木) 02:13:52|
  2. 運命
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。